元に戻せる方法

看護師

目元の状態による違い

二重整形の方法には2種類のものがあり、プチ整形と呼ばれるメスを使用しない方法が埋没法です。埋没法は施術にかかる費用も安価なため、気軽に行えるということで人気があります。多くの人が二重整形をする時に埋没法を選ぶのはもうひとつの理由があります。もしも整形前の状態に戻したいと思った時には、二重をとめている糸をとるだけで戻せるというメリットがあるからです。整形をする時には二重にしたくても、心境の変化により戻したくなる可能性があります。そういった時に備えられるという点で多くの人が埋没法を選択します。しかし、気をつけておくことは埋没法の中にもいくつかの種類があるということです。埋没法は糸を使って二重を作りますが、糸の通し方に違いがあります。もしも、将来的に元に戻したいという希望がある時には、事前のカウンセリングで担当医に相談をしておくことが大切です。一度施術を受けてしまうとやり直すために費用が2倍かかる場合があります。カウンセリングの段階で細かな施術法の説明を受けておきましょう。二重整形といっても、理想の形の二重は個人によって違いがあります。それに加えて、元の目元の状態によっては適している方法と適していない方法が出てくる場合もあります。これは目元や瞼の状態が二重整形には大きく関係してくるからです。目が細く瞼が薄い場合には、目元についている脂肪が少ないタイプだと考えられます。もうひとつのタイプが、目元全体にボリュームがありふっくらとしているタイプです。こちらの場合には目元に脂肪が多くついているため、二重を作る時に瞼が重たく感じることがあります。二重整形は糸を使用する埋没法のほうが費用がかからないということで人気がありますが、目元の脂肪が多いタイプの人は切開法のほうが適している場合もあることを覚えておきましょう。単純にメスを使うか使わないかという違いだけでなく、元の目元の状態によって最適な方法が限られることがあるということです。こういったことは施術前のカウンセリングで医師に相談すればアドバイスがもらえます。費用だけを気にして施術法を決めてしまわずに、医師の意見も取り入れて方法を決めましょう。