一重を改善しよう

目元

治療法の違い

美容整形外科で二重を治療する際は、埋没法か切開法で行うことになります。どちらになるかは体質や支払い可能な費用などによって違ってくるので、医師とよく相談の上で決めるようにしましょう。ちなみに埋没法にした場合は、メスで切る必要がないのでその分身体に負担がかかりません。しかも手術後に抜糸する必要がないので、切開法より通院する回数が少なくてすみます。その上で費用も切開法よりかからないので、リスクや出費を最低限に抑えることが可能です。一方の切開法は、メスを使う上抜糸が必要になるので身体に対しての負担がその分大きくなります。加えて抜糸が必要になるので、その分治療期間が長くなるかもしれません。費用についても切開法の方が高額になる傾向があるものの、かわりに耐久性が高いので埋没法と比べて一概に高いとは言えないはずです。なお施術後に戻すことができる埋没法に対して、切開法は一度施術してしまうと元に戻せません。ゆえに二重整形をする時は、費用やしやすさ以外にも耐久性やリスクなどさまざまなポイントを比べたうえで施術法を選ぶようにしましょう。一重はまぶたが瞼板と筋肉に単純な形でくっついているだけのため、瞬きをしても二重のように折りたたまれることがありません。これに対して二重瞼は、まぶたにある筋肉が皮膚と接合してひっぱりあげることで二重ができます。この状態を人工的に作り出すのが、埋没法や切開法による二重整形です。埋没法は縫合糸によってこの状態を作り出すのに対し、切開法はメスで切り込みを入れたうえで縫合するのでより耐久度の高いまぶたを作り出せます。ただしどちらも永久にその状態が維持できるかといえばそうでもありません。施術の仕方や術後の過ごし方次第で効果が弱まったり、あるいは元に戻ってしまったりすることもあるので美容整形後の生活の仕方も気を付けるようにしましょう。また二重整形の手術は、治療法によって結果や費用がまったく違ってしまう可能性もあります。たとえば眼瞼下垂や逆さまつ毛が理由の場合は保険が適用されるので、同じ施術をしても費用がかなり安くなります。こちらは運の要素も大きくなりますが、適用されるかどうかを確認するだけでもしておくようにしましょう。